自動枠取り

PITACore Boxを使った自動枠取りのやり方について説明します。

ニコ生は、基本的に30分枠なので30分毎に枠取り作業を行う必要があります。
PITACore Boxでは、枠取りの手間を省くため、自動で枠を取る機能が搭載されています。

ブラウザで枠取りページを開いていたり、アンコちゃんなどの他のコメントビューアなど、ニコ生関連ツールが稼働している場合、取り合いになってしまい、正常に枠取り機能が動作しませんのでご注意下さい。

枠取りに関する機能は、ツールバーにまとめられています。

放送のタイトルや番組説明などは、すべてPITACore Boxで管理されます。
予め項目を作成しておき、必要に応じて手早く切り替えれるようになっています。

枠を取る

枠取りボタンをクリックすると、枠を取ることができます。
クリックできない場合は、設定に不備があるか、プレミアムアカウントとして認識されていない状態です。

操作ミスを防ぐために確認画面が表示されます。
枠取りをクリックしたときに表示されるもので自動枠取り時には、表示されません。

自動枠取りするかどうかを切り替える

このアイコンをクリックすると、自動枠取りを有効に切り替えたり、無効に切り替えることができます。
上記の画像は、自動枠取りが有効な状態を表しています。

新しい項目を作成する



+のアイコンをクリックすると、新しい項目を作成できます。
項目名を適当に決め、確定をクリックすると新しい項目が作成されます。

項目を編集する


項目を選択し、歯車アイコンをクリックして編集します。

コミュニティを選択し、タイトルや番組説明を編集して下さい。
番組説明は、HTMLタグを記述する必要はありませんが、装飾が多すぎると文字数オーバーになるので注意が必要です。

放送カウンタ

放送カウンタは、ゲーム放送などでよく見かける、「初見プレイ Part 3」のようなタイトルを生成する機能です。
枠取りが完了する度に1ずつ増加されていきます。
タイトルや番組説明に$LiveCounterと記述すると、その部分が放送カウンタに置き換わります。

番組識別子

番組識別子は、自動枠取りや自動再生などの機能と併用して使います。
適当にキーワードを指定しておきます。ここでは、アニメ ゲームとでもしておきます。

つまり、番組がアニメ、ゲーム関係として指定するようなものです。

自動応答や再生順序にある使用条件には、番組識別子を指定する項目があります。
例えば、ある項目をアニメ関係の放送でのみ有効にしたい場合は、アニメと記入します。

選択された枠取り項目の番組識別子にアニメという文字列が含まれていれば、その項目が有効になります。